に投稿 コメントを残す

デトランスα(パースピレックス)敏感肌用!徹底レビュー①

デトランスαでは、肌がかゆくなるって聞いた!敏感肌用の効果も知りたい!

敏感肌用の世間の口コミは?デメリットも一緒に知りたい!

デトランスαの敏感肌用を買うか迷ってる、最安値で買えるサイトはどこなの?

そんな方のために、2記事にわけて、敏感肌用のレビューをしていきます!

 

本記事では、デトランスα「敏感肌用」を徹底レビュー!

効果や口コミ、メリットやデメリットまで紹介します。

 

また、最安値サイトを解説【比較表つき】!

最安値サイトで実際に購入してみた【写真付き】レビューもあるので最後まで必見です!

 

デトランスα(パースピレックス)敏感肌用!徹底レビュー

デトランスα 敏感肌用

デトランスα「敏感肌用」は、ワキガや脇汗を減らしてくれると、高い人気を誇るデトランスα「普通肌用」の、肌に優しいタイプ!です。

「普通肌」では、かゆくなってしまう・・・と悩んでいる方で「敏感肌用」を試してみたら、かゆみが解消されたという方も多いんです!

「敏感肌用」も気になる!というあなたに!

今回は徹底【写真付き】レビューで特徴を解説していきます!

 

デトランスα(パースピレックス)敏感肌用の特徴①かゆみの原因!塩化アルミニウムが半分で低刺激

 

「敏感肌用」ではデトランスαのかゆみ原因となる、塩化アルミニウムが

普通肌:約20%
敏感肌用:約10%

と、約半分に抑えられていて、刺激を感じにくいんです!

肌が弱い・・・

刺激が強すぎるのはちょっと・・・。

という方は、敏感肌用は刺激が弱くオススメです!

デトランスα(パースピレックス)敏感肌用の特徴②アルコールフリーで肌に優しい

 

こちらも、「普通肌用」ではアルコールが強いのですが・・・

「敏感肌用」はアルコールフリーで肌に優しく、ワキを剃った後などでも、ピリピリ感を感じにくい処方になっています!

デトランスα(パースピレックス)敏感肌用の特徴③「普通肌用」に怠らない高い制汗力!

敏感肌用だからといって、効果が薄れるということはなく、ワキガや脇汗にしっかり効いてくれます!

私もどちらも試してみましたが、敏感肌用でもしっかり汗を止めてくれましたよ!

デトランスα(パースピレックス)「敏感肌用」の効果は?【知らなきゃ損】

デトランスα 敏感肌用

普段は、「普通肌用」を使っていた私が、「敏感肌用」を1か月試してみました!

その効果は!「普通肌用」に怠らず、ワキガのニオイや汗をしっかり止めてくれました!

夜に塗って、朝に塗り直さなくても、狭い部屋など全くニオイや量が気にならず過ごすことができました!

肌に優しくて、しっかりワキガのニオイや汗の量を減らしてくれたので満足です☆

塗って、効果が長続きするようになると、何日かに1回塗るだけで効くようになるので、最初は小さいのに高いなと感じることがあると思いますが、2、3ヶ月は持ちます!

 

これで脇汗やワキガのニオイをしっかり止めてくれるので、コスパは素晴らしくいいです!

しかし、敏感肌用でもたまにかゆくなることもあるそうなんですよね・・・

私は、普通肌用でもかゆくならないくらい、皮膚が強いみたいで快適に使えてますが!

そんな時は、コットンに付けてパッティングするように染みこませたり

ドライヤーでしっかり乾かすと、かゆみがなく使えるということを聞きます!

水で薄めるといいっていうのも聞きますが、薄くなると効果も薄まりそうだし、あまりオススメはできないですね。

 

かくと、ワキガ赤くなって、色素沈着が起きたら跡も残ってしまうし、かゆいと寝れないのでかなりストレスになってしまいますよね。

市販のものとかではかゆみが起きにくいですが、やはり塩化アルミニウムが配合されているのはかゆくなりやすいです。

とりあえず敏感肌用が一番、塩化アルミニウムの配合が少ないから、とりあえず使ってみて、合わなかったら、デトランスα(パースピレックス)自体が体に合わないと思います。

姉妹品のデオエースとか使って見るといいのではないでしょうか。

ただ、効果はやはり、デトランスα(パースピレックス)が一番強いので、かゆくならないのをとるか効果をとるかですね。

 

デトランスα「敏感肌用」(パースピレックス)のメリット3つ・デメリット1つ

デトランスα 敏感肌用

商品を買う時は、【買って損しないように】メリットと一緒にデメリットも知っておきたいですよね?

今回は、デトランスα(パースピレックス)「敏感肌用」のメリットとデメリットを分かりやすく紹介します!

デトランスα(パースピレックス)「敏感肌用」のメリット3つ

敏感肌用のメリット3つ

  1. 塩化アルミニウムが「普通肌用」の半分でかゆみが起こりにくい
  2. アルコールフリーで肌に優しい
  3. 「普通肌用」に怠らない制汗力

肌に優しいと、長く使い続けられるので、より高い効果を感じることができますね!

「敏感肌用」(パースピレックス)のデメリット1つ

敏感肌用のデメリット1つ

  1. 「普通肌用」を最初に使った人は、物足りなさを感じる場合がある

デメリットは、ほとんどないです!効果も高く、かゆみが起きないので、いいコトだらけ!

 

今回は、デトランスα(パースピレックス)の敏感肌用を使ってみた私のレビューと、メリット・デメリットについて紹介しました!

第2弾では口コミやまとめを紹介しますので、次の記事もぜひご覧ください!

購入を考えてるかた必見です!

そして、デトランスα(パースピレックス)の全種類の比較記事もありますので

どれを買ったらいいか、種類を知りたい人は是非こちらを先にどうぞ!

⇒デトランスα(パースピレックス)の全5種類を徹底解説【保存版】

 

それでは、デトランスα(パースピレックス)敏感肌レビュー第2弾でまたお会いしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA